車検が切れている場合の廃車

車検が切れた車でも廃車にすることが可能です。まず解体業者に依頼することです。解体してもらえば車検は関係ないので、切れていても廃車可能です。ただし車検の切れた車で公道を走ることは禁止されているので、レッカー車を手配します。

最近では規定の範囲内であれば引取りを無料と宣伝している業者も多いので、お金がかからない方法です。次に仮ナンバーを取得することです。自分で廃車買取業者に持ち込む場合は、当然公道を使います。公道を走るためには、仮ナンバーが必要です。

各地域の市町村役場で申請します。ただし自賠責保険も切れている車は、仮ナンバーを持っていても公道を走れないので注意します。そして売却することです。廃車にかかる費用や手間を抑えるためには、車を中古車として買取に出します。

自分で修理不可能と考えているだけで、プロの立場から見ると修理次第で価値がまだ残っていることも多いです。中古車の需要は高いので、高く買い取る業者も多いです。ネットで一括査定をしてより条件が良い業者を見つけます。中には不動車も対応していたり、無料で引き取ったりします。

例え中古車として機能しなくても、部品をリサイクルすれば買取業者は利益を得ることができます。このように車検が切れていても問題ありませんが、車検が残っている時点で廃車に出すとさらにお得です。自動車重量税と自賠責保険の過払い金が戻ってきます。また中古車として売る場合は車検が残っている方が有利です。