廃車をする前に考えたいこと

自動車を買い替える際に、今まで乗っていた自動車をどの様に処分するかによってお金が儲かることもあります。一般的には自動車を買い替える場合には今まで乗っていた自動車の処分を新たに自動車を購入する販売店に依頼することが多いのですが、この場合にはまだ乗れる場合は下取り車として新社代金から値引してくれますが、そうでない場合には値段が付かないばかりでなく、廃車にするような場合には廃車手数料を取られたりすることも有ります。しかし、廃車にするような車でも引き取り先を選ぶことで高額で買い取ってもらえる場合があるのです。日本では廃車にするような日本車が、東南アジア諸国では現役で走行していることがよくあります。

これは、東南アジア諸国では日本車の高い性能と耐久性が認められており、古い車であっても日本車は高く売れることから国内では乗られなくなった自動車を東南アジアに輸出し販売する会社が増えています。また、走行できなくなった車であっても使用している部品を外して転売することで高く売れるので、部品取り用として取り扱う会社も少なくありません。その為、これらの会社では日本では古すぎて乗れない車であっても比較的高額で買い取ります。高額で買い取っても転売することで利益が出るためこれらの会社はビジネスとして成り立っています。

自動車を買い替える場合には、単純に販売店にすべて任せるばかりではなく、自分で買取業者を調べて確認することで廃車するような自動車をお金に変えることができます。