健康サプリの定義と法律上の決まり

健康サプリ(または健康食品やサプリメント)は、明確な定義は存在しませんが、多くの場合「健康に役立つ食品」のことを指します。しかし消費者の多くは、「食品」という認識で購入しているというより、一般的な食品とは違う栄養的価値や薬用的価値といった「何らかの効果」があることを期待して購入しているのが普通でしょう。それにメーカー側も、「何らかの効果」があることを消費者へ伝えるためにさまざまな表現を駆使してPRを行っています。しかし健康サプリは「食品」である以上、「医薬品」のように効果・効能を謳ったり表示することはできないという法律上の制約があるため、効果・効能に関する明確な表現がなされている場合は、違法とみなされます。

そして食品は、「食品衛生法」によって管理されており、主に衛生面や安全面が重要視されているため、その効果・効能に関しては基本的に自分の判断によって見極めるしかありません。ただし、法律上「食品」に分類される健康サプリには、「保健機能食品」として国に認められているものもあり、栄養機能や健康機能の表示をすることができるものもあります。栄養機能が表示できるものは「栄養機能食品」と呼ばれ、健康機能を表示できるものは「特定保健用食品」と呼ばれています。特に特定保健用食品については、「トクホ」とも呼ばれており、「お腹の調子を整える食品」や「コレステロールが高い方に適した食品」といった表示が出来るようになっています。

アラプラスのスポーツ ハイパフォーマンスのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.